スティーブン・ホーキング博士 死去 死因は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の影響か 世間に反響

今日はスティーブン・ホーキング氏について紹介します。

スティーブン・ホーキング博士氏と言えば最近このようなニュースがありました。

 「車椅子の物理学者」として知られる英国のスティーブン・ホーキング博士が死去したと、英BBCなどが14日報じた。76歳だった。宇宙の始まりなどについて先進的な理論を示し、現代宇宙論に大きな影響を与えた。体の自由が奪われる難病と向き合いながら、宇宙の魅力をわかりやすく伝え、著書「ホーキング、宇宙を語る」はベストセラーになった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000038-asahi-soci

この記事では スティーブン・ホーキング博士 死去 死因は?筋萎縮性側索硬化症 闘病 世間に反響 などのキーワードについて調べたことを書いていきます。

スポンサーリンク

スティーブン・ホーキング Wiki風プロフィール

生誕 1942年1月8日
イギリスの旗 イギリス オックスフォード
死没 2018年3月14日(76歳没)
イギリスの旗 イギリス ケンブリッジシャー
居住 イギリス
国籍 イギリス
研究分野 物理学
理論物理学
天体物理学
宇宙論
研究機関 ケンブリッジ大学
出身校 オックスフォード大学(学部)
ケンブリッジ大学(大学院)
主な業績 ブラックホールの蒸発理論
特異点定理

一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。

【画像】スティーブン・ホーキング
宇宙の誕生 ビッグバンへの旅 (ホーキング博士のスペース・アドベンチャー)

スティーブン・ホーキング博士 死去 死因は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の影響か

 1942年生まれ。英オックスフォード大とケンブリッジ大大学院で物理学や宇宙論を専攻した。21歳で、体の筋肉が動きにくくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断され、以降は車椅子の生活を余儀なくされた。

ニュースサイトには詳しい死因は書いていませんでした。

スポンサーリンク

ネットの反応

>一つの時代が終わった
合掌

>功績に感謝致します。

>お悔やみ申し上げます。

>AIに対して警鐘を鳴らしていた。
科学者がAIという科学技術に批判的だった。その理論はこれからもっと注目されるだろう。

>なぜ生きているんだろう、なぜ死ぬんだろう、なぜ地球があるのだろう、なぜ宇宙が・・・学生の頃、謎を抱えて悶々としていた時に、博士の本と出会いました。

>博士の研究は志ある者が引き継ぎます。安らかに眠りたまえ。

>76か。もうちょい行ってると思ってた

>健常者だったらノーベル賞取ってたね

>彼は今どうなっているのか?
もしあの世があるのなら、何かしらの信号を送ってくるに違いない。

スポンサーリンク

>お悔やみ申し上げます。
近代科学者の中でも良い方を亡くした。

関係ないけど「冥福」と書いてる人らに言いたい。
この方は仏教徒じゃないよ。

>秀才が宇宙に旅立ちました。
ご冥福をお祈りします。

>まさに「巨星墜つ」ですね。

御冥福を御祈り申し上げます。

>是非あの世でニュートン、アインシュタインと一緒にポーカーやって欲しい

>別の記事も「ご冥福をお祈りします」コメントが異常に多かったが、ホーキング博士はご冥福なんて存在しないと散々言っていた。

>宇宙の謎を解明してほしかった。

>頭脳で生きる格好良さがある方でした。
ご冥福をお祈りします。

>正に、頭脳そのもの、
今は自由になって宇宙を飛び回っているんだろうな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事